Archive for the '確定・修正申告:余談' Category

確定申告と修正申告

火曜日, 7月 14th, 2009

修正申告と確定申告について調べています。
確定申告と言えば、働いている人にとっては本当に1年に1度の大仕事ですよね!
(サラリーマンの人は年末調整などで簡単に終了しちゃいますけど・・・)
そんな1年に1度の確定申告をようやく終えたと思った後から、計算間違いがあったり申告の内容の間違いに気づいた場合。
その時にしなければいけなくなるのが修正申告ですよね!
たとえば、還付される税金が多すぎた場合や少なすぎた場合など誤った内容を修正するためには、この修正申告をしなければいけないわけですが、ただ修正するだけではだめなのです。
修正申告する上でも注意しなければいけないことがあるのです。
その誤りに気づいたときすぐにでも修正申告をすることをおススメします。
すぐに、修正申告の処理をしないと、税務署からの申告税額の更正を受けてからや税務調査を受けた後から修正申告をしても、本来納める税金の他に、過少申告加算税というものがかかってくるのです。
この過少申告加算税の金額というのは、税金の10%相当額なんだそうです。
しかし、本来納める税金が当初の申告納税額と50万円のいずれか多い金額を超えてしまっている場合は、その超えている分に限っては15%も税金がさらに上乗せになるそうです。
それに、確定申告が期限後申告になった場合も、無申告加算税というものがかかってしまう場合もあります。
税務調査を受ける前に自主的に修正申告をするのであれば過少申告加算税はかからないと思います。

修正申告の実体験

火曜日, 6月 9th, 2009

今回は先月あった実体験をお話したいと思います。
というのも、この修正申告と確定申告に関するブログを書いているからなのでしょうか?
何らかの因縁めいたものがこの確定申告見直しの封書となってやってくることになり、修正申告をしなければいけなくなったのだと思います。
というのも、先月の末に所得税の確定申告見直し確認についてなどという封書が届いたのです。
その封書の中には、所得控除の項目について計算に誤りがあるときさいされていた。
自分としては間違いなんてないと自信あったのですが・・・・
しかし、所得控除の項目に誤りがあると書いてあった用紙には事前に「この数字になるんだぞ!」といったように数字が書かれていた。
しかも、所得税の修正申告の用紙と金額が書かれている税金の振込用紙までちゃんと同封されているではありませんか!!
本当に自分が間違っているのか?
正直税務署を疑いつつも、以前に提出した確定申告の控えをひっぱり出し、今回送られてきた修正申告という書類と見比べてみたんです。
やはり、数ヵ所数字が違う。
毎年一律だろうと何の疑いもしないで扶養控除の金額を記入していたのですが、今回の修正申告では30万円近くも多く記入されているではありませんか?!
今年だけ特別なのか?それとも今まで間違っていただけなのか?
何度も修正申告の用紙を見直しても分からない。
しかし、税務署で違う金額を記載してきた修正申告書と金額が書かれている振込用紙が来たからにはこれにちゃんと応じるしかないわけですよね?!
まぁどちらにしてもこのようなものは早めに処理をするのが1番ですよね?!

修正申告と確定申告の関係

火曜日, 2月 10th, 2009

修正申告と確定申告についてお勉強しています。
今回は、確定申告も近いということもあり確定申告後に夫より妻である自分の年収の方が高かったというお話をご紹介したいと思います。
今までは、夫の扶養家族として自分と子供を扶養にしていたのですが、しかし年末調整で提出された厳選徴収をみると妻である自分の年収の方が少しですが高かったのです。
このことから、確定申告の際に夫の扶養から自分と子供の扶養をはずし、自分の扶養家族として夫と子供を加入させたのです。
そんな矢先、夫の会社から「税法上の扶養家族である者に対して家族手当を支給」と給与規定で決まっていたのであって、妻や子供を扶養から外した場合は、家族手当を返却するようにしてください。
といわれたのです。
このような場合、どのように修正申告したらいいかわかりますか?!
それに、なぜ夫の会社側は扶養から外れたことが解ったのでしょうか?!
それは、どうやら住民税が関係あるようです。
会社で住民税も徴収されている場合、その年度分の住民税徴収のための資料が会社に送られて来ており、その記載の食い違いによって扶養をはずしたとかはずさないとかが判明するようです。
このような場合は、妻である自分は、修正申告と税金の追加納付をしなければいけないくなり、夫には更正の請求と税金の還付の手続きが必要となるそうです。
今は不景気の時代なので、いつ夫の年収よりも妻の年収の方が高くなるかもしれませんよね?!
このような修正申告をする人が今後増えてくることが予想されますよね?!
確定申告でちゃんと処理できるのであればいいのですが・・・
そうでなければ、ちゃんと修正申告をする事をお勧めします。

ちゃんと確定申告しよう!

火曜日, 1月 20th, 2009

年末に購入した宝くじ。
結局は1800円にしかならず・・。
2万円があっという間に消えてなくなりました!!
今年の1等はなんと富山県の東部で出たのだとか・・・・。
う~ん。
残念。
だったら初夢に夢をたくすしかない!!なんて思っていたら、あっという間に初夢は売り切れて・・・
なんだか今年もお金と縁もゆかりもない2009年になりそうです。
お金といえば、年明けそうそう芸能事務所でかなりの金額の脱税事件がありましたよね!
結果からいえば修正申告をしてまるくおさまったらしいのですが・・・
何やら芸能事務所の社長が、自分の父親が代表を務める会社や架空の会社の2社に自分の会社のタレントを所属しているように装い、DVDや写真集などを発売したときにかかった経費を計上していたという。
それらで得た利益を圧縮し決算時期には利益を3社に割り振るなどをして経費が膨らまないように調整していたそうです。
脱税した金額は法人税だけで3億3000万円にも及ぶんだとか・・・!!
宝くじ波ですね!!
しかし、悪い事をしたらちゃんとしっぺ返しがくるもので・・・
東京国税局に告発され結局は修正申告に応じたタレント事務所。
そんなことならちゃんと税金を納めていればよかったのに・・・・。
宝くじで得たお金をドブに捨てるようなものですよね!!
これから確定申告の時期となってくるだけに、ちゃんと税金を確定申告する事をお勧めします!!

不景気知らず!

月曜日, 12月 15th, 2008

12月といえば何と言っても年末ジャンボ宝くじ。
今年ももちろん購入しましたよ!
しかも、2ヶ所で!!
年末ジャンボで2万円も使っちゃいました。
これで100万円でも当たればいいのですが・・・
本当は12月といえばボーナスの時期でもあるのですが、今年は世界的にも不景気なためボーナスがカットされたようで・・・
もう今となれば宝くじみ望みを託すだけです。
宝くじってたとえ1等の3億円があたったとしても非課税なんですよね?!
もし、これが課税されるとなるとほとんどが税金で消えてしまう・・・・。
そんなんじゃ宝くじの人気も無くなってしまいますよね!
本当に宝くじって不景気知らず・・・。
でも、私だったらもし宝くじが当たっちゃうと、間違って確定申告してしまいそうです。
そしてあわてて修正申告する羽目になったりして・・・
急に大金が手に入るとパニックになって取り合えず、後から税務署の調査が入らないように税金関係にお金をつぎ込みそうなので・・・
特別税務調査が怖いってことはないのですが、税金はすぐ請求がくるものじゃなくて1年後とかに請求がくるじゃないですか!
お金がなくなったころに大金の請求が来てしまっては後の祭り。
億万長者が一気に貧乏になっちゃいますからね!
こんな事のないように、宝くじ=非課税ということを認識しておかなければ・・・。
そうしないと修正申告することになっちゃいますからね!

この時期は・・・

金曜日, 11月 14th, 2008

前回もお話しましたが、もう時は11月中旬。
いよいよ年末調整や確定申告の時期になってきました。
今年こそは修正申告を受けないようにちゃんと準備をしなければ・・・
なんて勢いばかりは勇ましいのですが・・・いざ準備を始めようとしても何から始めていいものやら・・・。
会社の方ではつい先日年末調整の緑の用紙が配布されました。
基本は名前と住所だけを書いて印鑑を押して、総務の担当者の方へ提出していたのですが、結婚してからというもの生命保険などにいろいろ加入したためその分も書かなくてはいけなくなり、ちょっと大変です。
まぁ間違っていても担当者の方が修正してくれるとは思うのですが・・・。
でも、年末調整で記入した生命保険の金額などが違っていたのが、確定申告がおわってからだったら修正申告しなくちゃいけないのでしょうか・・・?
よくわからないのが日本の税システム。
結局は保険料って還付の金額になってくるわけだから少々違っていても生命保険の申請の最高額は5万円までだから、少々間違っていても何の問題もなし!ってことで・・・。
こんなこと、税務署の人が聞いたら激怒するでしょうね!
「修正申告してください!」なんて言われたらどうしよう・・・。
今年こそは修正申告の内容に、ちゃんと年の初めに医療費の領収書を入れる袋まで作って常に手の届く所に置いてあるので近々その領収書の金額を計算しなければいけないのですが・・・・。
医療費の控除っていくらからでしたっけ?
月10万円だったかな?
なんだか曖昧なので、次回までに調べておくこにします。
そうしないと修正申告するハメになっちゃいますからね!

準備開始!

火曜日, 10月 14th, 2008

1年が経つのって本当に早いですよね?!
小学生の頃なんて1日がなんて長いんだろう・・・、1週間ってなんて長いんだろうなんて考えていたのに気がついたら『1年って早い』なんて考えるようになっていました。
そんな早い1年ですが、また嫌な時期になってきました。
季節的にも寒くなってきて体にこたえる時期になってきたのですが、そうではなく私が言いたいのは確定申告の時期になってきたということです。
『確定?』なんて今更言わないでくださいね!
毎年1回は必ず税務署にお世話にならなければいけない時期ですよ!
昨年は何かと確定を失敗してしまい・・・修正をすることになってしまいました。
今年こそは修正をしなくても済むように頑張らなくてはいけないのですが・・・。
そのためには時間に余裕をもって準備することが大切だと思ったのです。
今から確定に必要と思われる書類を整理することにします。
まず、てっとり早いところから言えば『医療費控除』・・・。
とりあえず今までもらった領収書を集めて1つの入れ物に入れておくことに・・・。
そして、次に必要となるのが各保険会社から送られてくる保険料控除に添付する書類(はがき)を取っておくこと。
とりあえず、今できることをしっかりしておけば心配はないと思うのですが・・・・。
今年は昨年の経験もあるし、準備も万全なので確定申告だけでOKだと思うんですが・・・
問題は来年。
来年家を新築する予定にしているので、何かと厄介な手続きが必要になると思うので・・・。
今から住宅を建てた場合の確定申告や修正申告について調べていきたいと思います。

ソフトを使って簡単確定・修正!

金曜日, 9月 12th, 2008

年末から年明けは確定申告に向けて1年間の伝票の整理に追われることが多々あったと思います。
しかし、最近ではインターネットで確定・修正申告をする人が多くなったようです。
個人の家で確定申告をする際には、e-Taxソフトがあり他には電化製品を販売しているお店に行くと確定・修正申告用のソフトが販売されています。
e-Taxソフトの場合は電子証明書を取得するところから始まります。
始めはパソコンやインターネットで確定申告することがなれないかもしれませんが、このようなソフトを使いこなせるようになると今まで煩わしかった確定・修正申告がうそのように楽になります。
でも、節税の対策をしている人の場合インターネットで確定・修正申告すると税務署に目を付けられるのでは?
と不安になる方もいるかもしれませんが、最近のソフトは節税の対策はもちろん、もっとどうしたら節税できるか?というところまで考えてくれるそうです。