修正申告<無申告加算税>

税務調査による申請の内容の誤りや申請をしなかった等の場合に課されるペナルティーを加算税といいます。
今回は、『無申告加算税』についてです。

無申告加算税

決められた期限の後に申請したり、申請しなかった場合、税務調査によって納付税額が決定されたときに加算される。
《 納めるべき税金(又は期限後に申請して納めた税金)×15%(20%) 》

以前、自発的に期限後に申請をしたとき加算される税金は5%に軽減されていたが、改正され、改正後からは申告書が期限から2週間以内に提出された場合で、税額が法定納期限までに納付されている場合に限り過去5年間に無申告 ・ 重加算税を賦課されていない場合となった。

Comments are closed.