修正があった場合

友達の知り合いなのですが、現在アルバイトをしていてその収入で確定申告を行ったのですが、よくよくみてみると家族の扶養に入れていたようでこれをどうしたら良いのかと相談されました。
税金ってわかりにくいから確かにどう修正したらいいかわかりませんよね。
そして修正どころか、まずこういったことに気づかない場合もありますよね。
たまたま知り合いは気づいたようですが、知らなかったら修正しないとかえって来ないのが税金です。
どうしてこのようにややこしくなっているのが不思議ですよね。
もう少しわかりやすくしてくれれば、修正しないといけないのか、これでいいのか分かりやすいと思うのですが未だわかりにくいままです。

特に税金のことですから、このようにあとから修正が必要になるとなればどうしていいのか不安になります。
もしかしたら間違えてもお金がかえって来ないのではないかと思ったり、怒られるのではないかなんておもうのではないでしょうか。

一応こんなときのための修正の方法ですが、まず正しい確定申告の用紙を書きなおし空いている箇所に赤字で再提出と書きます。
これを2通つくり、1つは税務署に提出し受取の印をもらいます。そして納税の不足があれば修正して納付し、払いすぎの修正の場合はちゃんと還付金として戻ってきます。
ちゃんと修正すれば払いすぎも修正して不足分も払うことができます。
ただ、間違いのまま提出しても払いすぎは修正しないと帰ってこない場合もありますし、不足があるとあとから面倒なことになるので、出来るだけ早め気づきたいですね。

Comments are closed.