還付金をもらうために

医療費が多くかかった人や家を買った人は払った金額が返ってくることがあり、そのことを還付金と呼ぶのですが、もしそうであったとしても税務署から還付金があたるので申告をしてくださいという通知はありません。
これを知っていない人は損をすることになりますので、キチンと知っておきたいものです。
もう前のことだしと諦めているかもしれませんが、実は会社員であれば5年さかのぼっての申告も可能なので、もし還付金をもらっていなくて申告をしていない人はこの際行ってみてはいかがでしょうか。

その際の方法ですが、まずは自分の住んでいる地域の税務署にまず行きましょう。
確定申告は所得税の申告になるおで税務署になります。

確定申告は通常2月16日から3月15日までなのですが、上記のような医療費、住宅ローンでの還付金であれば翌年の1月1日から5年間受付てくれるので、申告してきましょう。
ですが、気をつけたいことは会社員ではなく自営業を行っている人で上の条件に当てはまる人です。
自営業を行っている人ですと毎年確定申告をなさっていることとおもいますが、この場合払い過ぎた税金を返してほしいという厚生の請求となります。つまり確定申告から1年以内にしか受付てくれません。
自営業の人は注意しましょう。

さて還付金のもらい方ですが、まず確定申告についての知識はあまりないと思いますが、もしわからないことがあれば税務署に聞いてみましょう。
電話でも聞くことが出来るので医療費控除について聞きたいのですがと要件を言えばすんなりつないでもらえます。もしどこに問い合わせすればわからないときはまず個人課税課に尋ねるとよいでしょう。

Comments are closed.