会社員の確定申告

確定申告とは個人の事業者の税金を確定する為nすることなのですが、個人の事業者ではなく会社などの給与所得の確定申告とはどうなっているのかというと、会社から社員の所得税の額をあらかじめ計算して、給料から天引きしているのです。
そして所得税はそこから会社で確定申告を行ってくれるので、会社員の人であれば確定申告のことを知らない人も多いと思います。

ただ、この方法ですと予想の所得税なので、実際その年の税額と違う場合があります。
そこでとられる方法が年末調整になるのです。
年末調整としてお金が返ってくるのは知っていても、このお金が何かわからないという人も中にはいるのですが、あらかじめ天引きされていた所得税が概算より少なかったため帰ってくるということになります。

ですが扶養控除や住宅ローンは会社に申請できるのですが、その他の控除に関しては会社では行ってくれません。
多くの人が税金を納め過ぎているなんてこともあるのです。
この納すぎた税金を返してもらうには、個人での確定申告が必要になります。
結構知らない人もいて、損をしている場合もあるのですよ。例えば医療費が年間で10万円以上かかった場合なども還付金があったりします。

一度自分の所得税は払いすぎていないか調べてみるのもよいとおもますよ。
ただ、注意点としては給与所得で年間2000万円を超える所得がる人は、会社では年末調整は行ってくれないことになっています。
しっかりと税務調査の徹底対策をおこなっている人もいますね。
会社で税金のことはやってくれるので、自分は何もしなくていいなんて考えず、自分の税金のことを知ってみることが大切ですよ。

Comments are closed.