失業中の確定申告

不況の影響で、失業中なんて方もいらっしゃると思います。
失業中に気になるのが、お金のことではないでしょうか。

その年に失業したのであれば、所得税は会社で払われていることになります。
このとき注意したいのが、そのあと年内に再就職をしなかった場合です。年内に再就職した場合には、その勤め先に以前の会社でもらった源泉徴収を提出すれば、その会社で年末調整してもらい、払い過ぎた分が戻ってくることになるのですが、就職しなかった場合には自分で確定申告を行い、過不足分を調整することが必要になります。
大抵の場合多めに徴収されていることが多いので、払い過ぎている税金が返ってくるほうが多いですね。

でも失業保険をもらっているから、その分の申告も必要になるのではないかと思うかもしれませんが、失業保険は課税の対象にはなっていないので確定申告の必要はありません。ですので、その年に再就職をしてない場合、ほかに収入がなければ確定申告を行って払い過ぎている分の税金を取り戻してみてはいかがでしょうか。

確定申告は毎年2月から3月の間に行われます。
書き方や、どのような書類が必要になるか気なると思いますが、税務署で聞けば詳しく教えてくれます。
間違いがあって修正申告をしなければ・・なんてことのならないように、出すときはしっかりと確認しましょうね。

Comments are closed.