確定申告の修正について

確定申告をしたあとに、間違いに気づきどうしたらよいかあわてる人もいると思います。
こういった場合どうすればよいのでしょうか。

こういった場合は税が増加するか減少するかによっての手続き方法が異なります。
まず減少する場合。
確定申告において記載した課税標準や税額などの計算が法律の規定に従っていなかったり、申告書に記載した納付する税が多かった場合、紀彩した純損失や雑損失、繰越損失の金額が少ない場合や記載忘れの場合、記載した還付金の額が少ない、金額のし忘れでは確定申告の期限から1年以内であれば、訂正を求める公正請求書を提出することが出来ます。
ただ、更生による請求書の提出で、すぐに税額が変わるといったことはなく、税務署長が請求に関しての調査してからになります。
確定申告は3月15日となっています。そろそろ確定申告の季節になりましたね。

次に増加する修正申告の場合。
税務署長からの更生がくるまでは修正申告を提出できるようになっています。
申告漏れとなっていた所得があり、納付する税額に不足のある場合、記載した純損失などの金額が過大である場合、記載した還付金のに相当する税額が課題である場合、納付の税額を記載し忘れた場合といったような場合ですね。
修正申告は確定申告の受け付け期間の後、すぐ税務署にいって手続きを取る必要があります。

Comments are closed.