年金と確定申告

先日、社会保険事務所からある通知が届いたんです。
それは「年金特別急便」数年前の年金未納問題からこのような通知が定期的に送られてくるようになったのですが、今回は年金をもらった人の確定申告についてお話していこうと思います。

年金をもらった人は原則として確定申告の必要があるのです。
申告としては雑所得として申告することになるのですが、年金には「公的年金」と「個人年金」の2種類があり、「公的年金」とは国民年金、厚生年金などの社会保険制度に基づく年金や恩給、適格退職年金契約に基づく年金のことを言うそうです。

そして、個人年金と言えば、生命保険契約に基づく年金や、郵便年金から支払われるような年金のことを言います。
公的年金や個人年金による収入は「雑所得」の区分で年金収入に応じて一定の計算方法で「所得全額」というものを算出するのです。

どの年金も、年金額が一定以上の場合、その支払の際に所得税が源泉徴収されているので確定申告書第2表の所得内訳の欄に源泉徴収された所得額を記入し、納付税額から引くということを忘れてはいけません。

個人年金の場合は、確定申告の第2表の雑所得に関する事項の欄に収入金額、必要経費などを記入することになります。

確定申告というのはただでさえ難しいものなので、年金となると特に複雑だと思われることが多いと思いますが、修正申告をしなくてはいけなくなることのないように十分に注意して確定申告を行うようにしてください。

Comments are closed.