確定申告と修正申告

修正申告と確定申告について調べています。

確定申告と言えば、働いている人にとっては本当に1年に1度の大仕事ですよね!
(サラリーマンの人は年末調整などで簡単に終了しちゃいますけど・・・)
そんな1年に1度の確定申告をようやく終えたと思った後から、計算間違いがあったり申告の内容の間違いに気づいた場合。
その時にしなければいけなくなるのが修正申告ですよね!

たとえば、還付される税金が多すぎた場合や少なすぎた場合など誤った内容を修正するためには、この修正申告をしなければいけないわけですが、ただ修正するだけではだめなのです。
修正申告する上でも注意しなければいけないことがあるのです。
その誤りに気づいたときすぐにでも修正申告をすることをおススメします。

すぐに、修正申告の処理をしないと、税務署からの申告税額の更正を受けてからや税務調査を受けた後から修正申告をしても、本来納める税金の他に、過少申告加算税というものがかかってくるのです。
この過少申告加算税の金額というのは、税金の10%相当額なんだそうです。
しかし、本来納める税金が当初の申告納税額と50万円のいずれか多い金額を超えてしまっている場合は、その超えている分に限っては15%も税金がさらに上乗せになるそうです。

それに、確定申告が期限後申告になった場合も、無申告加算税というものがかかってしまう場合もあります。
税務調査を受ける前に自主的に修正申告をするのであれば過少申告加算税はかからないと思います。

Comments are closed.