修正申告と更正を復習

先月、新年度ということもありもう1度修正申告と確定申告の原点に帰ろうと確定申告についてお話したと思います。
今回は、その確定申告が終了してからどのような流れになるかをお話したいと思います。

自分では完璧のつもりで提出した確定申告。
しかし、税務調査の最終結果を受けて申告内容などに誤りがあれば納税者が修正申告を提出しなければなりません。
もしくは税務署が更正の請求をすることになります。
修正申告とは違う更正ですが、簡単に言うと税務署が追加納税額をきめて納税者に通知を出すことをいいます。
この更正に不服の場合は税務署に対して異議申し立てをすることができます。

更正とは違い税務調査の前に確定申告をした内容に誤りがあると気付いた場合は、修正申告の提出、もしくは申告額が過大な場合は更正の請求を行うことができるのです。
修正申告の仕方は、確定申告に記載した納税額が過少だと気付いた場合更正の請求が来る前だと修正申告を提出してその税額を修正する事が出来るんです。
でも、修正申告は自分から誤りに気づいて提出する場合もあれば税務調査を受けてから提出する場合もあります。
このような場合は原則として更正とは異なるため不服申し立てをすることは出来ないので注意が必要になります。

Comments are closed.